読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろもじメモランダム

文字についてあれこれと。

Adobe-Japan1-4 で追加されたグリフと JIS X 0212 規格票との微妙な字形差

字形字体 文字コード

Adobe-Japan1-4 では、補助漢字JIS X 0212)の一部のグリフを CID+14296〜15385 に収録した。が、先のエントリに書いたように、JIS X 0212 の規格票と比較してみると微妙な字形差が見られるのもある。

この字形差の原因については、id:NAOI さんから以下のような情報をいただいた。

Adobe-Japan1-4の最初の版(31 March 2000)では、例示用のフォントにリュウミンProが使われていて、やはりCID+15229のほうだけヒゲなしとなっています。想像ですが、リュウミンに以前からある字形を流用してAJ14の最初の版を作成し、それを参照して小塚明朝の字形を設計した、という流れなのかもしれません。

Adobe-Japan1-6 の「鋋」のヒゲ - しろもじメモランダム

じゃあ「鋋」以外のグリフは?ということで、CID+14296〜15385 の範囲のグリフ(小塚明朝の例示グリフ)を比較してみた。どこまでを「差」とみなすかについては個人差があると思うが、とりあえず列挙してみる。フォントを持っていないので、画像は無し*1。あしからず。

追記:id:NAOI さんが比較画像を作ってくださいました。

Unicode 0212 0213 AJ14 AJ16 0212/AJ14 の差異
U+54A1 21-12 1-14-94 14382 [耳]の斜めの画を払う/止める
U+5561 21-66 2-04-08 14393 20308 [非]の斜めの画が出る/出ない
U+5F3B 28-79 14519 [人]の2画目を止める/払う
U+609E 29-87 1-84-50 14541 21558 [大]の頭が横画につく/つかない
U+6713 34-81 1-85-45 14614 [兆]の3画目が出ない/出る
U+704A 41-27 1-87-31 14744 20306 [旡]の左上が閉じている/閉じていない
U+7152 41-89 1-87-54 14762 21933 [ヰ]が4画/3画
U+803A 53-63 15016 [耳]の斜めの画が出ない/出る
U+81F9 54-74 15035 [戊]の内部が2画/1画
U+84FD 57-12 2-86-68 15069 下部の横画3本の相対的な長さ
U+8698 58-47 1-91-52 15086 [乚]の頭が横画につく/つかない
U+8713 58-88 2-87-52 15092 [廴]にヒゲがある/ない
U+92CB 68-26 1-93-16 15229 [廴]にヒゲがある/ない
U+93FA 69-49 15247 [又]の2画目を止める/払う
U+95AB 70-13 2-91-56 15258 20313 [木]の4画目を払う/止める
U+9A24 73-35 1-94-14 15313 [癶]の上部がつく/つかない
U+9A4A 73-46 1-94-18 15319 22920 [華]の形状

“AJ16” の欄は、Adobe-Japan1-5 および Adobe-Japan1-6 で追加されたグリフの CID を表す。こちらのグリフは、規格票と同じ字形。

どれも微妙な差で、JIS からすればもちろん何の問題もない。

追記

面区点番号に誤りがあったので訂正しました*2。ご指摘ありがとうございます。

*1:どなたか気が向いた方、作ってください><

*2:1-08-50→1-84-50, 1-35-45→1-85-45, 73-16→73-46 の3箇所。上の表は訂正済み。