読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろもじメモランダム

文字についてあれこれと。

第二水準の83字形も比較してみる

字形字体 文字コード

第一水準の続き。

今回は附属書6の画像は割愛。JIS X 0208-1983 の規格票の字形と、Adobe-Japan1 の小塚明朝の83字形とを比較し、微妙な差があるものを並べてみた。また、小塚明朝が何を区別し、何を区別していないのかを知るために、90JISの字形も示した。


この画像では若干分かりにくいかもしれないが、83JISでは「比」の3画目を横画に作っている。90JISでは通常の「比」のように左払いになり、また「兔」の中央の縦画と左払いとが1画になった。

AJ1では「兔」の区別はしてあるが、「比」の3画目はどちらも左払いに作っている。

83JISでは「㡀」の中央に墨溜りがある。AJ1では83/90ともに墨溜りがないが、これは小塚明朝のデザインポリシー(前回の「蔽」を参照)だと考えられるので、問題なし。

先日書いたように、見るからに違う。

JIS X 0208:1997 では、225字が「83→90で字形に変更があった」とされている。AJ1ではこれより多い229字を「変更があった」とする。JISの225字に含まれ、AJ1の229字に含まれていない(= AJ1では区別されていない)唯一の漢字がこの「豕」。このあたりに関しては、下の記事に詳しい。

偏に関しては対応がとれているが、JISでは83/90ともに旁をaj1-13942、AJ1では83/90ともにjc3-45f8に作っている。字源的にはaj1-13942

「非」の変更については問題なし。「告」について、JISでは83/90ともに「牛」と「口」を離しているが、AJ1では83と90でなぜか差をつけている。

ちなみに附属書6では

この6文字の中で、AJ1と附属書6の字形が一致するのは「巉」「絳」の2文字。また「酲」はu9172-gとしている。第二水準全体では、附属書6には十数文字の誤作字が存在する。