読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろもじメモランダム

文字についてあれこれと。

f のリガチャがきかない

M+ TESTFLIGHT 018 を公開しました
http://downloads.sourceforge.jp/mplus-fonts/6650/mplus-TESTFLIGHT-018.tar.gz
M+ OUTLINE FONTS

017 からの主な変更点

M+ 1P と M+ 2P の欧文グリフを拡張。Basic Latin、Latin-1 Supplement、Latin Extended-A に続いて Latin Extended-B と Latin Extended Additional が完成、Latin 系多言語フォントとしてもご利用いただけると思います。

問題点

  • 国際音声記号の合成が機能しません、現在調整中です。
  • ff、fi、fl、ffi、ffl の合字が機能しません、現在調整中です。
M+ LOG

せめて f の合字だけでも何とかならんかな、と思っていじってみたが、なんかうまくいかない。

とりあえず手順としては、

  1. FontForge で開く
  2. ff, fi, fl, ffi, ffl(U+FB00–FB04)を選択しておく
  3. [エレメント]>[フォント情報]>[Lookups]>[GSUB]>[Add Lookup]
  4. 種類:Ligature Substitution、機能:標準の合字(liga)を選択、他はそのままにして [OK]
  5. これで「'liga' 標準の合字 lookup 0」が追加されたので、さらに [Add Subtable]>[OK]
  6. [Add Selected] をクリックすると Ligature Glyph Name に合字の、Source Glyph Names に構成要素のグリフ名が入るので、確認して [OK] で閉じる
  7. [ファイル]>[フォントを出力]

で出来るはず。というか一度は出来たのに、その後いろいろ触っていたら出来なくなったorz*1 出力されたフォントをみてみると、'liga' テーブルがちゃんと入っていない。

とりあえず今日のところは諦め。

*1:オプションをいじったのが原因?